「絶対にやり直す」という覚悟のある人を、仕事で笑顔にするための採用支援
お気軽にお問合せください。
TEL:050-3188-6011
【受付時間】9:00~18:00
【定休日】土日祝
公開日:2021年5月24日


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
さてこのたび、少年院・刑務所等専用求人誌『Chance! !Vol.14夏号』を発刊いたしました。現在の応募総数は延べ664件で、採用内定した方は135名となりました。このうち就労中の方が33名、退職された方が29名、所在不明となった方が17名、逮捕の連絡を受けた方が7名、残り49名の方が社会に出るのを待っている状況です。

3月の終わりに、内定者のMさんが病気で地方の刑務所から都内の医療設備のある施設に移送されたとの連絡を受けました。4月の始めには内定先の事業主さんが面会に行ってくださり、急きょ用意した本人の名刺を差し入れて「仕事が溜まっているので、早く治して来てください」と伝えてくださいました。「出所したら何を飲んで何を食べたいですか」と聞くと、「酒は“氷結”を飲んでみたい。食べ物は田舎料理が食べたい」と言っていました。

そして5/4の夜、Mさんの訃報を受けました。72才でした。仏衣へのお着換えと死化粧をさせて頂くと、とても安らかな良いお顔になりました。生きて出所することはかないませんでしたが、“氷結”を末期の水とし、事業主さんが作ってくださったお弁当を棺に納めました。泣いたり笑ったりと、親密であたたかいお見送りでした。Mさんを内定し、最後に見送ってくださった事業主さんには深く感謝しております。

納棺師として故人様の最後のお手伝いをさせて頂いていると、嫌でもどう死ぬか、どう生きるかということを考えさせられます。死に様に生き様がすべて出ます。生前に悪いことはしても、魂がきれいで安らかなお顔で旅立ったMさんのように、自分も人に大切にされて、最後に見送ってくれる人がいるように生きたいなあと思います。

コロナはまだ終息の気配が見えませんが、当社としては何も変わらず、掲載してくださる事業主さんがいる限り、続けていく所存です。
今後とも何卒ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。敬具

2021年6月1日

株式会社ヒューマン・コメディ
代表取締役 三宅晶子

最新号閲覧はこちら↓
『Chance!!』閲覧・購読

この記事の著者

三宅 晶子
記事一覧