「絶対にやり直す」という覚悟のある人を、仕事で笑顔にするための社会復帰支援事業
お気軽にお問合せください。
TEL:03-6869-3352
【受付時間】9:00~18:00
【定休日】土日祝
公開日:2017年9月29日

今から6~7年前のある日。
企業に勤めていた私は、福島さんが登壇した社内講演で、ある動画を観ました。
駐車場の管理人のおじさんの生き方、あり方のお話です。

それを観てものすごく感動した私は、自分も退職するときにあんなに惜しまれる人間になりたいと思いました。

翌日から、大して仕事もできないから、せめて笑って、気持ちのいい挨拶をしようと心掛けました。
それまでも会社に落ちていたゴミは拾うようにしていましたが、徹底して拾いました。
「この辺に落ちているゴミは全部三宅さんが拾ってくれる」と言われるようになりました。

書類を出力するときは常にコピー用紙の山を抱え、100人近くの社員が使う複合機3台に、常に用紙を補充していました。
つねに周りが喜ぶように、会社が喜ぶように仕事をするよう心掛けました。

そして自分の退職の日。
あの動画で見たおじさんの退職の日と、似たような光景がありました。

山ほどのメール、ご挨拶の電話、お花やプレゼントを持って私のデスク訪れる人はとぎれることがありませんでした。
隣の課の次長は「30年以上この会社にいるけど、こんな光景みたことない」と言っていました。
おかげでデスクを片づけることができず、最後は課長とマネージャーと部長までもが手伝ってくれて、銀座で予約していた送別会に1時間も遅刻しました。

その後、ドリプラのプレゼンターとして福島さんに再会しました。
そこで数えきれないほどのご縁を頂いたおかげで、今のヒューマン・コメディがあります。

先週も福島さんにお時間を頂いてお会いしたのですが、相変わらずエネルギー量ハンパない。
ゲラッゲラ笑いながら相談した、楽しい時間でした。

ちなみにこの本は、最近の私のバイブルです。
福島さんの「感動と共感の新・経営用語辞典」。
当社社労士のまみちゃんが持ち歩いているのを見て購入したのですが、ものすごく面白くて良い本です。
仕事をするあり方、生き方が変わります。

その福島さんの講座が、明日、武蔵小山で開催されます。
今回は「究極のセルフマネジメント講座」
プロのアスリート3人を講師として、自己管理、自立型姿勢、自分の輝かせ方について学びます。

詳細はこちら↓
http://www.entre.co.jp/dream-seminar/

私の告知はいつも直前(TOT)
でも自分の告知も直前だからゆるして(笑)

———————————————————————–

【当社セミナーのご案内】
≪10/21, 11/4 アドラー心理学による、愛し、愛される自分になる“勇気づけ”講座≫
https://www.facebook.com/events/2036515409901962/

この記事の著者

三宅 晶子
三宅 晶子
記事一覧

著者一覧